小貫信昭 モンスーンが夏のビジネスを救う。

TOP > 森高千里としか言えない [ 小貫信昭 ]

森高千里としか言えない [ 小貫信昭 ]

小貫信昭 幻冬舎モリタカ チサト ト シカ イエナイ オヌキ,ノブアキ 発行年月:2012年12月 ページ数:214p サイズ:単行本 ISBN:9784344023062 小貫信昭(オヌキノブアキ) 1957年東京都生まれ。

音楽評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 「ペパーランド」/第2章 「NEW SEASON」/第3章 「ストレス」/第4章 「17才」/第5章 「臭いものにはフタをしろ!!」/第6章 「私がオバさんになっても」/第7章 「渡良瀬橋」/第8章 「気分爽快」/第9章 「Tony Slavin」/第10章 「私のように」/第11章 森高千里に会いにいく デビューから25年…日本歌謡史において今もオリジナルな存在であり続ける森高千里。

その魅力の秘密を「ストレス」「17才」「私がオバさんになっても」「渡良瀬橋」など、数々の名曲を入り口にして解き明かしていく最強の森高読本。

デビュー直後から現在まで、森高千里をインタビューし続けてきた著者が、膨大な本人コメントを織り込みながら書き上げた、初のオフィシャル評論集。

本 エンタメ・ゲーム 音楽 その他 写真集・タレント その他

楽天で購入1,728円(税込み)